子どもが子どもらしく、きぼうをぐんぐんと。

ー ホープフル・タッチ

子どもの権利と発達のために

 世界中のどんな場所で生きる子どもでも、保護され実現されるべき4つの権利ー生きる権利、守られる権利、育つ権利、参加する権利ーがあります。

 私たちはなかでも特に、子ども自身の発達する力を見守り支えるため、育つ権利と参加する権利を守る活動を実施しています。



シリア人/日本人スタッフによる活動

 私たちは、人道支援の現場で職を共にしたシリア人2名と日本人1名により設立されました。子ども達にとって必要な本当の“人道支援”とはなにか、現場で模索しながら子どもや保護者、地域の方々と共に活動を創り上げています。

 

トルコのNGOとして活動
 2016年7月に、トルコ政府から公式NGOとして認定されました。

日本で法人化

 2017年3月、「特定非営利活動法人ホープフル・タッチ」として日本で法人化されました。

スーダンでNGOとして登録

 2018年10月、スーダン政府からの承認により公式国際NGOとして登録されました。

最新の活動

内戦の後遺症と医療支援を受けられない子ども達

内戦が続くシリアのなかでも、政治的理由により支援を受けにくい地域があり、空爆や戦闘に巻き込まれ治療を必要としながら、5年間以上医療的支援を受けられない子ども達がいます。

内戦で怪我を負った子ども達
​子ども達の夢を一緒に実現しませんか?

戦地で生きるシリアの子ども達シリア難民の子ども達政治・経済的困難にあるスーダンの子ども達水上で生活するカンボジアの子ども達の夢を、一緒に実現しませんか?

​あなたの一歩が、子ども達の未来の一歩に繋がります。

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom

​2022年8月7日 ワークショップ開催!

親子で考える!せんかを生きる女の子のお話

『親子で考える!せんかを生きる女の子のお話』オフラインワークショップを開催いたします!

シリアの7歳の女の子バナのお話をもとに、爆弾や避難に関する写真・映像紹介や親子間の対話を通して、戦禍に生きる親子の想いを体験し、自分達が生きる日常を見つめ直すワークショップです。

場所:カノンハウス鎌倉

日時:2022年8月7日(日)14:00 - 15:30

​場所:武蔵野プレイス

参加費:無料

詳しくはこちらのページをご覧ください。

HT WS フライヤー(横).png

​2022年6月24日 オンラインイベント開催!

「難民」という“立場”を考えてみる

『「難民」という“立場”を考えてみる〜「難民」という“状態”と人道支援』オンライントークイベントを開催いたします!

日時:2022年6月24日(金)20:00 - 21:30

参加費:無料

 

詳しくはこちらのページをご覧ください。

1_edited.jpg

​2022年6月20日-7月31日

クラウドファンディングを実施しています!

『難民・国内避難民の子ども達が“いま”必要なものを届けよう』と題し、世界難民の日である6月20日からクラウドファンディングを実施します。集まったご支援は、シリアとスーダンの難民・国内避難民の子ども達が“いま”必要としているもの(眼鏡、ビタミン剤、1ヶ月分の食糧)を配布するために活用します。

ファンディングページはこちら→

https://syncable.biz/campaign/2660

クラウドファンディング2022.jpg

​2022年6月16日 クラウドファンディング

キックオフミーティング 開催

クラウドファンディングを、より多くの方々と盛り上げていかれるよう、キックオフミーティングを開催します!
団体事務局長高田からこのファンディング企画の趣旨を改めてご説明するだけでなく、当団体に様々な形で関わっていただいているみなさまとの、交流を深めるきっかけともさせていただきたいと思っております。
詳しくは
こちらのページをご覧ください。

キックオフmtg.jpg

​2022年1月16日開催ワークショップ(鎌倉)

『おやこで考える!せんかを生きる女の子のお話』

シリアの7歳の女の子バナのお話をもとに、爆弾や避難に関する写真・映像紹介や親子間の対話を通して、戦禍に生きる親子の想いを体験し、自分達が生きる日常を見つめ直すワークショップです。

日時:2022年1月16日(日)15:00 - 16:30

場所:カノンハウス鎌倉

​詳しくはこちらのチラシをご覧ください。

おやこで考える!せんかを生きる女の子のお話.jpg

​手洗い普及のため、スーダンの子ども達と衛生教育ショートフィルムを作りました!

TOTO水環境基金さまのご支援により、スーダンの子ども達を取り巻く水衛生環境の改善や、衛生管理普及教育を実施しています。小学校での手洗い習慣を普及するため、正しい手洗い方法について子ども達と一緒にショートフィルムを制作しました(アラビア語)。動画はこちらの記事でご紹介しています。

handwash_Sudan.png

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防のため、シリア難民の子ども達と手洗い活動!

​新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防のため、トルコで避難生活を送るシリア難民の子ども達・家族シリアで生活する子ども達・家族の方々に衛生用品の配布と、手洗い推進活動を実施しました。子ども達に楽しく手洗いしてもらえるよう、一緒に動画を作成しました!動画はこちらの記事でご紹介しています。

handwash_Syria.png

​フェリシモ メリーファンディングで子ども達の希望を実現!

​株式会社フェリシモさまに伴走いただき、シリア難民の子ども達の夢と希望を実現しました(フェリシモ メリーファンディング)。難民となって教育を受ける機会を失った子ども達が、テント教室で学び楽しんでいるアラビア語の文字とお絵かきから、カルタを作って届けました!子ども達の夢と希望がカルタとしてカタチにすることができました。実際のカルタはスタッフブログnoteでご覧いただけます。

フェリシモメリーファンディング

​特定非営利活動法人ホープフル・タッチ

©2022 by Hopeful Touch.