​カンボジア

​水上で生活する子ども達
村のみんなが協力して、勉強を続けられるように

To Study

水の上で生活する子ども達

 湖と川に沿って、点々と存在する水上生活コミュニティ。乾季と雨季で水量が変わり、水に浮かぶ住居が流れ場所が変わっていくことも。お隣のお家に行くにも泳ぐかボートが必要です。シャワーもトイレも食器洗いも川の水。そんなコミュニティで、学校に通う子ども達がいます。

小中学校で勉強する子ども達

​ 水上ではありますが、室内はしっかり教室です。小学1〜6年生と中学1、2年生が通っています。来年度からは、初めて中学3年生クラスができます。まだ教室が少ないため、2学年が1教室で勉強しています。

​ 授業が始まる1時間前ぐらいから、ぞくぞくと集まる子ども達。勉強への意欲と楽しさが湧いてきました。

先生のスキルアップと意欲アップ

​ 先生達のスキルアップのため、教師用研修を実施しています。スキルアップを目指す先生達でも、コミュニティ内では機会がありません。

 先生達の要望に合わせた研修を実施することで、自分達の教育方法に生かせるスキルをコミュニティ内で取得でき、モチベーションアップに繋げています。

登校にもボートが必要

​ 2015年に公立学校ができました。陸地からボートで1時間、奥まった場所にあるコミュニティの子ども達のほとんどが、外の世界を知りません。子どもも保護者も先生も、教育へのモチベーションがなかなか上がりませんでした。学校から離れた場所に住む子ども達は、登校手段がありませんでしたが、今では学校用ボートが登校を支えています。

新しいことに挑戦する先生達

 村の出身者で教員資格を取得した人がいないため、みな他の出身地から派遣された先生達です。以前は生活が合わず去ってしまう先生達もいました。

 現在は7名の先生達が、コミュニティに住みながら子ども達のために頑張っています。

カンボジアの大学チームと一緒に

​ このコミュニティでの活動は、カンボジアのパンナサストラ大学のボランティアチームが始めました。大学を卒業しても、その熱い思いから仕事の傍ら活動を続けるメンバー達。

 ホープフル・タッチは2018年1月から、彼らと一緒に試行錯誤しながら活動を実施しています。

Cambodia

Vietnam

Kampong Chhnang

©2019 by Hopeful Touch. 

​特定非営利活動法人ホープフル・タッチ