top of page

ミサイル爆弾で脚を失った女の子に義肢を提供しました

シリアのラッカ県で現地医師と協力しながら、内戦で障がいや疾患を負った子ども達に治療、義肢や補聴器などの補装具、リハビリを提供しています。


ミサイル爆弾で脚を失った12歳の女の子アビールちゃん(仮名)に、義肢を提供しました。

アビールちゃんは内戦の爆弾で、お父さんと2人の兄弟を亡くし、以来お母さんと生活しています。

義肢を装着し、現在歩く練習に励んでいます。


シリアでの活動で連携している医師から、子ども達のリハビリの様子を伝える動画が届きました。

子ども達の様子をどうぞご覧ください。


※音声が聞き取りにくい場面がありますが、現地スタッフが限られたツールのなかで作成したものですので、ご了承いただけますと幸いです。



【アビールちゃんの義肢装着とリハビリの様子】





【コミュニティクリニックでの支援の様子】



0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page