クラウドファンディング活動報告:シリア




2022年6月20日〜7月31日の期間で実施したクラウドファンディング『難民・国内避難民の子ども達が“いま”必要としているものを届けたい!』で集まったサポートにより実現した活動をご報告いたします!


シリアの子ども達94名にメガネとビタミン剤を配布しました。


クラウドファンディング開始時は、スーダンとシリアの子ども達合わせて124名にサポートを届けることを目指していました。

しかしみなさまの温かいご協力により、目標を超えるご支援をいただくことができ、スーダンでは96名、シリアでは94名、合わせて190名の子ども達にサポートを届けることができました。

円安が収まれば、より多くの子ども達に配布できたことは悔やまれますが、みなさまの応援により想定していたよりも多くの子ども達をサポートできたことは、大きな成果となりました。

本当にありがとうございました。


シリアの活動地ラッカ県では、内戦の影響により障がいや疾病、後遺症を抱えながらも5年間以上何の支援も受けられなかった子ども達がたくさんいます。

医療や社会福祉機関自体が破壊され機能が停滞していたり、受けられる治療があっても家族の経済的理由で治療を受けられないことが一般的になってしまいました。

保護者の方々は子ども達に充分な食糧を用意してあげられないことで、子ども達の栄養状態も懸念しています。


今回のクラウドファンディングでは子ども達や保護者の方々の要望に応え、爆弾の破片が目に入ってしまったり、目の疾病を抱えながら早期介入ができず視力が落ちてしまった子ども達にメガネとマルチビタミンシロップを配布しました。

ビタミンシロップは一人当たり2本配布できたので、約2ヶ月分の栄養を補助することができます。


メガネの度数は子どもによって異なるので、一気に配布することができず時間がかかってしまいましたが、一緒に活動している現地の医師が友人・知人の医師の協力も呼びかけてくださり、配布を完了することができました。


【子ども達からのコメント】

「よく見えるようになって、字を読んだり絵を描いたりできるようになったと思う」

「自分で勉強したかったけれど、文字が読みにくかった。これで一人でも勉強できるようになって嬉しい」

「これまでよく見えなかったから、恥ずかしくて友達と一緒に遊ぶのが嫌だった。みんなと遊びたい。」


目が見えるようになって、特に勉強できるようになったことが嬉しい、と話す子ども達がたくさんいました。

あまり笑顔をみせない子ども達の優しい笑顔を見ることができ、私達自身もとても励まされました。


今回のクラウドファンディングでは、みなさまのご協力により、シリアとスーダンの難民・国内避難民の子ども達が“いま”必要としているものを届けることができました。


子ども達の生活基盤にある課題解決には、より長期的な取り組みが必要になります。私達はできる限り、子ども達を見守るコミュニティの方々が、自立的・持続的に子ども達の健康な発達を実現できるようこれからも貢献していきたいと考えています。


みなさまのお気持ちに、心より御礼申し上げます。

引き続き、私達と共に子ども達を見守り、支えていただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。












0件のコメント