いのちが集まる学校菜園づくり

2019年4月にクーデターが発生し、国家の大きな変化の渦中にあるスーダン。 クーデターの要因となったのが、2018年12月から続いていた市民による反政府デモでした。 スーダン国内の政府関係者による汚職や経済悪化、貧困は、ブラックマーケットの存在や政府による資源管理、変動しやすいレート、ガソリンの不足、主食であるパンの値上げなど人々の日常生活に影響を与え続けていました。 国家全体が抱える貧困問題を解決するには、スーダン国内の政治的安定と国際社会の協力がより求められていますが、私たちが子ども達の健康な発達に向けて行動できる第一歩として、村の学校での学校菜園の設置を開始しました。 学校菜園という方法を選んだ理由は、主に以下の3つです。 ①コミュニティ全体での子どもの発達を見守るため、“学校”を中心に地域住民の関わりと協力を向上する。 ②学校自身が、外部支援がなくても自立して持続的に実施できる活動を導入する。 ③コミュニティ自身が持っている環境的・人的リソースを活用して、子どもや学校の生活改善に寄与する。 農業は村の人々にとって身近であり、現地ならではの知識や技術をもっている人が必ずいます。また、校内には空き地がありながら手入れされておらず有効に利用されていませんでした。 コミュニティの人々や先生達と話し合い、学校菜園は子どもからおとなまで地域の人々が持続的に関わりやすく、年月を重ねるにつれて成果も大きくなることが期待されることがわかりました。 2019年3、4月に、ハルツーム州の遠隔農村地にある2つの公立小学校にて学校菜園を設置しました。 学校菜園活動は私たちとしても初めての試みでし

©2020 by Hopeful Touch. 

​特定非営利活動法人ホープフル・タッチ