アートで国際交流できる?

“「トルコのシリア難民」子どもたちとの現場から まなびとアートを通して、多世代・多文化交流へ”と題し、2月16日にKOBE須磨きらくえんにてトークセッションを実施しました。 主催は、アートを通じて地域の多世代交流の場づくりを進めている「神戸でみんなでアートしよう!!」さんです。 今回のイベントのきっかけは、トルコにおけるシリア難民の子ども達の発達支援を通じて生まれた、子ども達の絵でした。 難民の子ども達と直接的な関わりの多い私達は、子ども達が描く絵からも、彼ら/彼女らの成長を身近で感じていました。 難民として生活し、特に学校に行く機会のなかった多くの子ども達にとって、私達が運営するテント教室が社会参加の第一歩となります。初めは無表情・無反応の子ども達。ほとんどの場合、自由に絵を描いていいと言われても、鉛筆を握り紙を前にして呆然とするばかりです。色をどう使っていいのか、真っ白の紙に何を描いていいのか、小さな手に託された“自由”が、“制限”に囲まれた彼ら/彼女らにとっては、どう扱っていいのかわからない“不安”であるかのようでした。 そんな子ども達でも、月日を重ねることで無限大の表現をするようになります。 初めは点や線、紙の端っこの歪な丸から始まり、図形や模様、キャラクターの模写、自分の発想から生まれる家、テント、花、ひと、戦争や避難の記憶・イメージ、避難生活の様子、広大な自然…と、表現が膨らんでいきます。 子ども達の胸の内にあった想いやストーリー、彼ら/彼女らの生きるエネルギーが、絵を通じて溢れ出してきます。 「神戸でみんなでアートしよう!!」さんでは、六甲山の自然の豊かさを再発見

©2020 by Hopeful Touch. 

​特定非営利活動法人ホープフル・タッチ