スーダンの日常は、戦時下のシリアよりきつい?

一緒に活動しているシリア人の仲間がスーダンを訪れ、「スーダンの日常生活は、戦争が始まった後のシリアよりも大変」と言いました。 戦時下のシリアに入域した訳ではない私でも、「いや、そんなことはないでしょう」と返しましたが、それはもちろんシリアのなかでもアサド政権の統治が強力な地域との比較。それでも、戦争と避難生活を余儀なくされているシリア人がそう感じるスーダン。 シリア難民の子ども達との出会いをきっかけに、弱い立場にありながら、国内外の社会から忘れられた子ども達に手を差し伸べるため発足したホープフル・タッチ。 2018年10月から、慢性的な貧困下で生活する子ども達の希望を育むため、スーダンでの活動を開始しました。 スーダンと聞くと、内戦や南スーダンの独立が記憶に新しい方も多いのではないのでしょうか。 長期に渡る内戦後、南スーダンは2011年に独立し世界で最も新しい国となりました。 内戦とはまた異なる政治的・民族的問題から2003年に発生したダルフール紛争は、世界最悪の人道危機と言われ、スーダンは1956年の独立以降、政治的な不安定さを抱え続けています。 南スーダンの独立やダルフール紛争を受け、多くの支援機関が人道支援に当たってきましたが、一方で、スーダン国内の貧困や教育、子どもの健康に関する問題は注目されにくくもありました。 スーダンの貧困率は約47%で、約73%の人口が$5.5/日以下で生活しています。 一部の富裕層と、多くを占める貧困層が二極化しており、自営業や大学講師をしている人でも、月給は2万円足らず。 為替レート(スーダンポンド/米ドル)が大きく変動しやすかったり、ブラッ

©2020 by Hopeful Touch. 

​特定非営利活動法人ホープフル・タッチ