なくなることのない子ども達の記憶

2011年にシリア戦争が始まってから、7年以上が経過しました。 当時児童期にあった子ども達は青年期になり、戦場から逃れ避難民として生きる子どもの多くが、幼児期に戦争を体験しています。避難先で生まれたため、シリアを知らない子ども達も多くいます。 私たちがトルコで運営しているシリア難民の子ども達のためのテント教室では、学習だけでなく、おもちゃを配布したり、スポーツや合唱、演劇、描画などのレクリエーション活動も行なっています。 地平線や山々がみえるほどの畑に囲まれた農村地域で、子ども達も教室外では家族の農作業を手伝ったり、きょうだいの世話や家事をしながら過ごしています。シリア人家族が生活するテントや手造りの家屋は、広大な畑にぽつんぽつんと点在しているため、テント教室に通う以前は、同じ村に住んでいても関わりがなかった子ども達も少なくありません。 また、シリア人家族は自分の土地を所有せず、トルコ人地主の元で雇われながら農作業に当たるため、農作物や仕事の有無に合わせて移住を繰り返す季節労働に頼る家族がほとんどです。 彼らの生活のなかでは、たくさんの子ども達と一緒に遊ぶという経験も、日常的とは言えません。 家族とともに、“いま”の避難生活に適応し日々を送っている子ども達ですが、彼ら/彼女らの心の中には刻まれた故郷や戦争の記憶があります。 レクリエーション活動を通じて表現された彼らの記憶やイメージを、ご紹介します。 文章とともに男の子が表現した絵。 上:「人が戦争から逃れて海を渡る」 下:「家が砲弾を受ける」 シリア人家族の多くが、違法に海を渡りトルコからギリシャへ難民として逃れようとしました

©2020 by Hopeful Touch. 

​特定非営利活動法人ホープフル・タッチ