水上に浮かぶ学校、ボートで登校する子ども達

水上生活コミュニティの子ども達の希望を育むため 私達は2016年から、世界中の子ども達の平和と健康な発達を願いながら、シリア難民の子ども達の希望を育む活動を創り上げてきました。 自分達の活動を通じてシリア人の仲間も、様々な理由から困難な状況で生きる世界中の子ども達へより強く関心を持ち、自分達ができることを考えるようになりました。 アジアでの活動第一歩として、カンボジアで水上生活をする子ども達への教育支援を始めました。 場所はトンレサップ湖で知られるコンポンチュナン州の水上生活コミュニティで、陸地からボートで1時間要し、水上植物が生い茂るなど環境状況によっては他のコミュニティとの行き来が断たれてしまいます。 この辺りの地域に水上生活コミュニティがいくつかあるなかで、対象としているのは特に奥まった地域にある4村からなる遠隔地です。家々も学校も水に囲まれているため、目の前の家まで行くのにも、泳ぐかボートで渡る必要があります。 大学ボランティアチームの熱意 子ども達への教育支援は、カンボジア首都プノンペンに本校があるパンナサストラ大学ボランティアチームと提携して実施しています。 パンナサストラ大学ボランティアチームは、このコミュニティで生まれ育った大学の教授が、学生達と共に公立学校のない自分の出身地に小中学校を設置することから始まりました(2015年小中学校設立)。 教授と共にボランティアをしていた学生達ですが、子ども達の状況を目の当たりにし、活動継続を望む学生が残っていきました。 チームのコアメンバーは、大学を卒業し就職しても、住んでいる首都から5時間弱かけながら休日を利用し定期的に

©2020 by Hopeful Touch. 

​特定非営利活動法人ホープフル・タッチ