古着のご寄贈をいただきました。

先日、メディアの方々の取材を受け、現地をご訪問いただきました。 子ども達の様子を実際にご覧いただいた関係者の方が、個人的なご好意により、シリア難民の子ども達や家族の方々へ、と古着をご寄贈くださいました。 ご家族やご友人のご家族から集めた古着を、大きな段ボール箱2つ分、めいっぱいに詰め込み送ってくださいました。 子ども服やおとな用の服・靴だけでなく、本やおもちゃも入っていました。 あらかじめスタッフで仕分けをし、配布前に、クラスの子ども達に合ったものを配ることができるよう準備をしました。 すべての子ども達に適したものが行き届くか多少不安を抱えていましたが、当日は子ども同士の喧嘩もなく、それぞれが納得できる品物を届けることができました。 ふだんは、きょうだいや友だち同士で服を着回しており、男の子用/女の子用と性別も限らず衣類を交換して着ています。 古着ではありながら、新品同様で、洗濯までしていただいて送っていただいたため、子ども達も新しい衣類がプレゼントされたと喜んでいました。 ご協力いただいたみなさまに、心より御礼申し上げます。 ※Hopeful Touchでは、みなさまからのご寄贈品をシリア難民の家族に配布しております。 ただし、特に衣類等サイズや性別を問うものや、対象者全員に平等に配布できないものに関しては、事前にご相談させていただいております。 また、大変恐れ入りますが、送料はご寄贈者さまにご負担いただいております。

©2020 by Hopeful Touch. 

​特定非営利活動法人ホープフル・タッチ