2つ目のテント教室を開校しました。

2011年にシリア戦争が始まって以来、いまでも教育を受けられていないシリア人の子ども達がいます。私たちの活動地であるトルコ・シャンルウルファ県ハラン市郊外の村々では、約1,000人の学齢期の子ども達に、教育を届けることができていません。 私たちの初めてのテント教室では、40〜50名の子ども達が定期的に勉強できるようになりました。私たちのできる範囲で、少しでも多くの子ども達に学びの機会が届けられるよう、別の村に2つ目のテント教室を開校しました。 テントを設置したり、シリア人の子ども達のために教室を運営するには、村のトルコ人の地主や地域長から許可を得なければなりません。シリア人家族や子ども達のニーズがあっても、地域で受け入れられなければ、なにを始めるのも難しく、また継続的に実施していくことも困難になってしまいます。 今回設置した村では、トルコ人の地域長のご自宅へ毎週訪問し、話し合いを重ねた上で受け入れてもらうことができました。この村の地域長の方は好意的で、シリア人の子ども達へ教育が行き届いていないことを懸念し、私たちの活動に共感してくれました。 ただし、テントを設置するのと同時に、隣家のトイレの修復も手伝うことが、ちょっとした条件でした。笑 今回の教室は人数も未だ20名弱と、こじんまりした雰囲気ではありますが、戦争後就学機会を失っていた年長の子どもと、初めて“勉強”する年少の子どもが一緒になって、ひとりひとりに行き届いた学習が実現しています。 先生は、今回も戦争前にシリアにて教師経験のあったシリア人の方です。 1つ目の教室は女性の先生でしたが、この先生は男性です。 子ども達自身の指

©2020 by Hopeful Touch. 

​特定非営利活動法人ホープフル・タッチ